車金融は危険です!車金融より安全なお金の借り方を紹介します!

車金融と言う業者を耳にされた事がある人は多いと思います、一番きになるのは、実際にどんな車で融資してくれるかどうかという事です。

例えば、10年落ちの軽自動車でもお金を借りることは出来るでしょうか?

廃車寸前の車でもお金を貸してくれるのかどうかが気になると思います。

車金融というのは、車を担保にした金融会社です。

車に、価値がなければお金を貸してくれることは当然ながら厳しくなります、実際に利用され高田は、大変な思いをされる事が多いです。

実際に、車融資を利用された方の体験談を教えていただきました。

「乗りながら融資を受けた事があります。融資額は最初は10万位でした(車によると思います)、その中から、印紙題400円・保証料代金が5000円位と振込み費用630円そして名義変更手数料31500円を支払います。

返済期限は2ヶ月後で、それまでに一活返済出来ない場合は上記と同じ金額+利息を支払います。

結局、半年間乗りながら借りつづけると元金10万の他に10万以上の支払い(合計20万以上)が発生します。

この金利は地獄です、車融資の会社によってシステムが違うとは思いますが、基本的には似たり寄ったりだと思います。

私の場合多額の金額を支払って、車の名義を戻す事はできましたが、それが出来なくて、車を取られる人も多数います。

車金融には絶対頼らない方がよろしいかと思います。」

というように、車を担保にしてお金を借りるので、当然ながら借金が返済できない場合は、車を取られてしまいます。

悪徳な車金融の場合は、お金を返してもらうのが目的ではなく、担保として預かっている車を欲しいがために貸付を行っている業者も存在します。

このような悪徳な車金融に騙されないようにするためには、車金融を利用しないことをオススメします。

どうしてのお金が必要な場合は、給料ファクタリングがオススメです。

給料ファクタリングとは、給料の前借りサービスです、働いて胃さえすればお金を借りる事ができます。

本来なら会社に給料前借りの相談をすればいいのですが、なかなか言い出しづらいと思います、そんな時に味方になってくれるのが給料前借り代行サービスです。

これを給料ファクタリングと言います。

自分のもらえる給料を担保にしてお金を借りるという仕組みなので、給料日になれば業者にお金を返せばいいだけです。

審査もあなたではなく、給料を支払う会社が審査対象になるので、ほとんどの場合で融資が実行されます。

車金融でお金を借りようと考えていた人は、給料ファクタリングを利用するのが一番オススメです。

安心の給料ファクタリングはこちら